ダイソーのリサイクルインクを試す。

image

今日、家の近くにあるダイソーに立ち寄ったところEPSONのIC50系統用リサイクルインクが売っているのが目に付いた。
今までEPSON用だとIC32用は良く見かけたが、手持ちのIC32対応プリンターは既に壊れていたので買うことはなかったが、今回見つけたのは今使って居る機種に対応するIC50タイプだったので、買ってみることにした。

 

リサイクルインクとは、純正インクを回収して社外製インクを詰めて再販しているものであり、インクの質や色合い・耐久性など、純正と大きく異なる部分がある。しかし、その分価格が安くなると言うメリットもある。

また、互換インクと違う良い点はインクの内部構造は純正のままなので、インクがあまり漏れない設計となっている。
安物の互換インクを買ってしまうと、インクが良く漏れて、「廃インクパッド」が駄目になる時間が早くなる。そうすると修理するのに結構なお金が掛かってしまう。

また、純正のICチップにリセッターを掛けていることが売り場の商品を見て分かったので、これは良いかもしれないという期待を込めて買ってみた。

しかし、リサイクルインクはあくまで社外品でありメーカーの保証が無くなってしまったり良好な印刷結果を得ることができなくなる場合があるので自己責任で利用してください、

 

 

image

ということで、今回買ったのはEPSON IC50シリーズ用のリサイクルインク。各色210円。6色買っても1,260円。
純正インクだと6色パックで5,207円(2012/03/23 19:02のAmazon価格)なので、ダイソーのリサイクルインクは純正に比べて4分の1以下のコストで購入することができる。

 

DSC_0083

これがカートリッジです。リサイクルインクなので純正品と同じです。ラベルだけ貼り替えてあるようだ。

 

image

ICチップの「EPSON」刻印部分には黒いマジックで線が引かれていた。しかし、光の具合でよく見える。

 

image

「詰め替えは推奨しません」と書かれて居る為、このインクにインクを補充するのはあまり良くないと考えた方がいいのかもしれない。。
しかし、ICチップリセッターとインクが有ればできる気もします。(ELECOMあたりが販売してるキットを使用して)

image

最初に入れたのはブラックインク。純正品と全く同じように認識して充填が開始。

 

肝心の印刷結果ですが、まだブラックとイエローしか交換していないのでよく分からない。
しかし、その2色が目立っておかしいという事は無く、普通に印刷出来ていると感じている。
配布用の資料や、メモ代わりに印刷しておきたいドキュメントなどには価格も安く抑えられて良いかも。
写真印刷などの場合は純正インクが良いと思うので、もう一台プリンターがあると良いと思う。

(適当な印刷は詰め替えインクを使ってるプリンターで、大事な印刷は純正インクしか使わないプリンターで というような使い分けも面白い)

 

IMG_20120323_134159

IMG_20120323_134205

他にもダイソーにはCanonのインクやEPSON IC32用のICチップリセッター、ブラザー用の詰め替えインクなど売っている店舗もあるので、気になる方は是非。

ちなみにインクカートリッジの回収は売り場にボックスがあってそこに入れる方式。
(回収する代わりに割り引きとかしてくれたらいいのに、と思いました。)

 

ということで、コストパフォーマンスに優れたダイソー リサイクルインクの紹介でした。
(個人的には長期保存しない印刷などにオススメします。)

About these ads
コメントする

4件のコメント

  1. こんにちは。

    実は先日僕も自宅近く・荒本と、なんば(湊町駅)のダイソーに伺いまして、ウィンドーショップをしていたところ、この200円インクカートリッジというのが売られているのを発見しました。

    実は、以前からもコーナンとか、ケーズデンキなどでエプソン互換(IC50)のインクは売っていましたが安くても500円前後です。ジットというメーカーから出ている「たっぷりント」なる、容量2倍以上のインクがある商品にもその互換インクはあるのですが、僕が持っているバージョンでは「空打ち」となる場合があり、故障の原因にもなるため使用を推奨していないとのことでした。

    ですから、200円の互換インクはかなりお値打ち商品だといえますね。

    返信
    • 互換インクだと、6色セットで400円なんていうインクがありますが、ICチップが粗悪で認識できない事が多々ありました。
      所が、リサイクルインクなら、純正のICをリセットしてるので、その点は安心ですね。
      リサイクルインクが4000円超えるなら純正を買いますので、1200円で揃ってしまうのはかなりお得ですよね。
      使ってて、数日が経過しますが純正と比べ色がやや悪いものの、綺麗に印刷出来てます。

      返信
  2. 私も試してみました。以前のダイソーの500円の物より、出来が良い気がします。とても気に入って愛用しています。私のキャノンMP640は、赤だけ互換インクを拒否してくるので、純正を使う他に方法がなく、困っていました。が、この製品は上手くいきます。空のインクカートリッジを無料回収して、洗浄し、インクを詰め替え、ラベルを張ったり、パッケージ化するのに、手間暇かけて、210円と言うのは、やはり中国で、作業しているのでしょうか・・・

    返信
    • 以前、ダイソーで販売されていた525円のオリジナルインクカートリッジは簡単に詰め替えができる画期的な物でしたがあまり順調に利用できずに1度だけ使用して捨てたという苦い思い出があります。(笑)
      リサイクルインクといえば、エコリカなどがあり家電量販店も売っていますが純正との価格差が200円程度なので、あまり選ぶメリットが解らなかったりします。リサイクルでエコなのかもしれませんが。。

      一方で、ダイソーのリサイクルインクはなかなか良い感じですね。価格も安くインクの量も特に少ないという事は無さそうですし、目詰まりも今のところ起こしてません。
      さらにプリンタ側では純正という認識になるのも良いですよね。

      ダイソーリサイクルインクのパッケージに、Made in Chinaという表記がありました。
      これは回収したカートリッジが元々中国製だったから、という表記かもしれませんね。
      私は気にしないので、どこで作られていても今後も利用すると思います。

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在334人フォロワーがいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。