『トイ・ストーリー3』試写会に参加してきました

トイ3_ロゴ


ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン株式会社主催のトイ・ストーリー3の試写会イベントに参加してきました。

トイ・ストーリーは、第1作目と第2作目を見てきていますが今までで一番好きなディズニー映画と私は思ってます。
今回、試写会に参加できることになり大変嬉しく思っています。

さて、今回試写会が行われたのは都内某所。
ディズニーの試写室にて行われました。

第一作目となる、トイ・ストーリーは1996年に公開されたものです。(米国では1995年)

当時、私は単純計算で1歳~2歳になります。そして第二作目が、2000年。(米国では1999年) 私は5歳~6歳 ということになります。
それから11年の歳月が経過し、大三部作のトイ・ストーリー3が2010年に後悔される運びになりました。
第三部作目となる、トイ・ストーリー3は今までの作品から時代が進みANDY(アンディー)は大学生になるところから物語は始まります。

物語に登場する、おなじみウッディやバズ・ライトイヤーはおもちゃですから当然外観の成長はありません。
それとは対照的に、前作から比較して心身共に大きく成長した アンディ。もう大学に行く年齢になっていました。
そして、部屋の片付けをするときアンディはおもちゃ達にある決断をします。
いろいろと考えさせられるストーリーなので、詳しい内容は映画館で見て頂きたいと思います。
今回は2Dで見ましたので、公開されたら3Dで見てみたいと思いました。

前作との違い

前作との違いとして、求められなくなるという抗うことの出来ない運命に対する選択をする時が来たという事なんです。
これは、トイ・ストーリー並びにトイ・ストーリー2には無かった構想であると思います。

百合草太郎さん

この方は、トイ・ストーリー3の宣伝プロデューサー「百合草 太郎」(ゆりくさ)さん。
当日は、この方の熱い解説があり参加された皆様の共感を得ていました。

徳力基彦さん

そして、こちらの方はアジャイルメディア・ネットワークの代表取締役「徳力 基彦」(とくりき)さん。
話の途中で少し詰まった際などに上手い相づちがお上手な方です。(上から目線で申し訳ありません)

『トイ・ストーリー3』メイン_copyright

この表情の意味する物は何なのか、そこにあるのは哀しみなのか喜びなのか。
ウッディのこの表情の意味を是非、劇場で確かめて頂きたいと思います。

(C)Disney/Pixar. ALL Rights Reserved.
当記事の画像は報告の有無無しに流用禁止となります。
使用を発見した場合は、権利侵害となりますのでご了承下さい。
写真は撮影した動画より切り抜いて使用していますので画像が粗い件はご理解下さい。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。