シンセイコーポレーション WiMAX URoad-7000SSを買いました。

DSC00136

ThinkPad X201sを購入してから、WiMAXを利用しているのですが折角契約しているのにThinkPad以外では使えないのが不満になりつつありました。
折角なので、スマートフォンや他のノートブックパソコンでも利用できるようにするためにWiMAXのモバイルルーターを買うことにしました。
今回は、初めてのWiMAXモバイルルーターを買うということもありいろいろ考えた結果、NECのAtermWM3500Rがバッテリーの持ちも良くデザインも良いので
買おうかと検討をしていました。しかし、インターネット上で見るとどうも動作に定評がないのでネットでもなかなか評判の良いURoad-7000を買うことに。
DISの契約専用モデルだと安かったので、今回はDIS契約専用モデルを購入しました。

 

DSC00139

本体の裏はこんな感じです。裏も表も指紋が目立つ仕様なのが非常に気になります。マットブラックにしてくれれば良かったのですが、高級感があるといえば光沢のあるほうだと思うので光沢にしたのでしょうか。
本体のデザインはシンプルで突起もなく持ち運びに便利で手頃なサイズだと思います。

 

DSC00137DSC00138

充電端子はこんな具合です。

 

充電端子はこれ。充電ケーブルの販売は無いらしく、調べてみるとshimajiro@mobilerさんのブログに他のメーカーの物を代用できると掲載されていました。
COWON S9-USB CABLEというものがAmazon.co.jpで購入できますがそちらが代用できると言うことです。
しかし、URoad-7000の純正ケーブルと異なり、ケーブルの端子にLEDが無いため充電中なのか完了したのかがわかりにくくなっています。純正のケーブルは大切に使いたいと思います。
MiniUSBやMicroUSBを採用してくれた方が汎用性もぐっと高くなるし、そっちのほうが良いんじゃないかと思います。

 

DSC00140

電源を入れると3つのLEDインジケーターが点灯し、現在の接続状況やバッテリーのレベルなどを教えてくれます。
URoad-7000はSSIDを2つ出すことが可能で、1つのSSIDに付きWi-Fiデバイスを5台接続可能。×2なので合計10台のパソコンやスマートフォンなどを接続できるという仕様になっています。
5台じゃ少し足りない気もするこの手の機器ですが、10台までとなると心強いですね。私の場合は5台も使わないんですが。

 

購入した当日は、SSIDとパスワードの設定をして充電してみました。
自宅では、インジケーターは緑色の電波良好状態でしたがdocomoの3G速度とあまり変わらなかったので自宅ではあまり良くない感じでした。

体感速度ですが、docomo 3G(HSDPA)の下り速度とさほど変わらない環境下でも差は十分に感じることが出来ました。特にTwitterやメールなどのアクションにはレスポンス良く通信できたのが非常に良かった点と言えると思います。

 

バッテリーに関しては、まだあまり解りません。
使うときだけ電源を入れるのであればなかなか良いかもしれませんが、公称で3.5時間だったので大体こんな感じだというのはわかりました。USBで接続した時にUSBモデムにもなればなお便利ではないかとも思いました。

 

なんだかんだ、結構気に入っています。
大勢で集まってミーティングをするときには活躍しそうです。受信感度も良好で使っていてストレスはありませんでした。
なかなかお勧めです。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。