Lenovo ThinkPad Edge 11′” モニターレビュー。Vol.2

ThinkPadEdge11Review

前回に引き続きLenovo ThinkPad Edge 11”のレビューをさせて頂きます。
外観部分や基本的な部分は前回の記事で触れたので今回はその他の部分をご紹介します。

 

液晶画面の解像度

画面の解像度

11インチの液晶で1366×768の解像度を実現しています。
普通に使うのに全く支障がない解像度であるので、私としては非常に良い点。

 

IEでYahoo!Japanを表示した例

InternetExplolerでYahoo!JAPANを表示するとスクロール無しで表示できる領域はこんな具合です。
11インチのモバイルノートとして必要最低限以上の液晶解像度を持っているのでネットブラウジングは快適
ただ、ThinkPad伝統(?)の他社に比べて青白っぽい液晶はEdge11”でも健在なので今までLenovoでないパソコンだけを使っていた人は少し慣れが必要かも知れません。比べなければ分からないかもしれないのですが、こればっかりは個人差があると思いますので気になる方は店頭でお試し頂きたいと思います。

 

 

HD動画再生は、まずまず

YouTubeでハイビジョン動画(1080p)を再生したところ、問題無く再生が出来ました。これくらいはもう当たり前です。
USBタイプの地デジチューナーを接続し、視聴&録画して再生をしたところ、こちらも無問題。(地上デジタルのみ確認)

SONYのデジカメで撮影したフルハイビジョン動画の再生はやや厳しく、1920×1080の平均16000kbpsで録画しているデータは、電源管理設定をマックスパフォーマンスでも少しだけカクカクしていました。

Blu-rayドライブを用いたBlu-rayの再生実験も行いたかったのですが、USB接続タイプのBlu-rayドライブは所有していないので断念。再生できる下記になりますが、SONYのデジカメで撮影したフルハイビジョン動画の再生にやや難航していた部分を見るとスムーズに再生できない気もしました。

X100eよりもグラフィックは格段に良くなっている気がしますが、普段の使用でフルハイビジョン動画を見ないと言う方には動画再生機としての購入も良いのではないかと思います。バッテリーも持ちますから移動中に使うのも十分アリです。

 

システム診断機能もしっかり搭載しています

ThinkPad X100eやX201sにも搭載されているThinkPadシリーズ向けのシステム診断機能などもThinkPad Edgeで同じように使用することが出来ました。何かと重宝するこの機能がThinkPad Edgeで使えると便利で非常に良いです。

高度なシステム診断はEdgeにもそのまま搭載

修理に出す前や、動作がおかしいときに一通り調査して見ると良いと思います。

 

 

総合的に見ると

総合的に見ると2台目のノートパソコンとして最適だと思います。
ThinkPad Edge11”をメイン(1台目)として使いたい方も用途によっては十分だと思われます。
というのも、YouTubeや音楽、メールにExcel程度の処理でしたら難なくこなします。
CPUもIntelのi3プロセッサーを搭載しているのでATOMと違ってひ弱なことはありません。

しかし、私としては2台目としての購入をお勧めします。
小さく取り回しもいいので、旅行に持って行くパソコンにも良いかもしれません。ThinkPadですから丈夫で安心です。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。