au HTC EVO WiMAX ISW11HTを借りています。

au HTC EVO WiMAX IS11HT本体

auから2011年の4月15日に発売される予定のHTC EVO WiMAX ISW11HTをauショップで借りてくることができました。WiMAXエリアを試すため、最大7日間を条件にauから無料で借りてくることができます。
通話もできますが、通話はしないでくれとauショップの担当から言われてしまいましたが、「157」「111」への発信は通話料かかからないので良いと言うことでした。通話料金はショップ負担なのでしょうね。

 

LINK
auのAndroid™搭載スマートフォン「htc EVO WiMAX ISW11HT」の発売について〈別紙〉

 

リンク先にスペックや主な特色機能が書かれているのでご覧ください。
なんと言ってもauから推されてる機能の一つとして「無線LANルーター機能」と言うものがあります。
HTC EVO WiMAX ISW11HT(以下ISW11HT)は、WiMAXに対応しており最大で下り40Mbps(理論値)の高速通信を行うことができるので、写真や動画でいっぱいのWebサイトを見る時でもサクサク通信してくれるようです。
また、ISW11HTから無線LANで放出しお手持ちのiPod touchやノートパソコンで利用して外出先でもインターネットを楽しめるというものなんです。
イーモバイルやソフトバンクモバイルから発売されているPocketWi-Fiと同じことができる ということです。

 

0.外観

ここで外観を見ていきたいと思います。

 

EVO WiMAX ISW11HT本体USB miniコネクタとHDMI miniコネクタがありますISW11HTの文字auロゴ背面。htcとwith Googleのロゴあり。8メガピクセルのカメラも備える。バッテリーパックを取り外した状態借りたときの付属品本体上部。電源ボタンと3.5mmのオーディオジャックがある充電中はこのようになる。受話口の中にLEDあり。Google NexusOne(左)とISW11HT(右)厚さ比較

写真を10枚並べてみました。
説明書などの写真は、借りるときに付属したものを並べて撮ってみた写真です。
Google NexusOneとの厚さ比較もしてみました。Google NexusOneのほうが若干薄いのが分かります。

 

 

1.無線LANルーター機能(テザリング)はWiMAX通信時のみではない

ドロアーを開いた様子(ISW11HT)

WiMAXのエリアは、UQ WiMAXのエリアと同じでここから確認できますが、まだまだ狭いことが分かります。
それに加えて、建物の中では電波状況が著しく低下し通信できないことも多くあります。折角ノートパソコンでネットをしたくても無線LANルーター機能が使えないのでは意味がありません。
でも3G通信時でも無線LANルーター機能は有効にできるようで、試しにiPad2で試してみることに。

 

iPad2と接続

ISW11HTより3G通信をさせ、その通信をテザリング(無線LANルーター機能)にてWi-Fiを放出。SSIDとパスワードは最初からのオリジナル設定のまま行いました。

 

ISW11HT 3G テザリング速度

その結果、iPad2では左のような結果に。

下り 1.22Mbps

上り 0.14Mbps

 

という速度でした。(ISW11HT auネットワーク網 3G接続時)

auネットワークの電波レベルは5/5で非常に良い状況。

 

 

 

 

続いて、WiMAX接続時の速度を同じくiPad2にて測定してみることに。

ISW11HT WiMAX テザリング速度

WiMAX接続に切り替えて再試験。

下り 3.56Mbps

上り 0.21Mbps

という速度に。確かに3G接続時より明らかに高速になっているのが分かります。
(ISW11HT UQ WiMAXネットワーク接続時)

UQ WiMAXの電波レベルは0/5で「悪い」という表示でしたが、それでも
これだけの速度が出ました。

ThinkPad X201sを用いて同じ場所でWiMAXの速度を測ると下りで5Mbps
くらいはいつも出ているのですが、アンテナがあまりうまくつかめていないのか
このような結果に。 ちなみにWiMAXルータであるURoad-7000SSでは
ステータスランプがオレンジ色になります。

 

 

2.ISW11HTのスペックはいまいち

プロセッサーもシングルコアで、液晶の解像度もそれほど高くありません。
画面は大きくて見やすいのですが、スペックを気にされる方はあまり良くないかもしれません。
機敏動くのは確かですが、少しだけ動作が重い気もします。

 

3.auの安心ケータイサポートはすべて受けることができます。

ISW11HTから、「157」に発信して問い合わせてみたところ、車で踏んでしまったり、傷がついたから外装交換をしてほしい場合も、安心ケータイサポートに入っていればほかの機種と同じ料金で保証を受けることが可能だそうです。

この質問をしただけで10分ほど電話で待たされたのですが、細かいことは決まっていない様子でした。
特にISW11HTだから駄目という決まりがないようで、ほかの機種と変わることはないと担当者から言われました。

 

4.気のせいなのかWiMAXもちょっと遅い

手持ちのURoad-7000SSと、ISW11HTをWiMAX接続させiPad2と接続。
それぞれの通信速度を測ってみたところ、特定の同じ場所で

URoad-7000SS

下り4.88MBps 上り0.21Mbps

HTC EVO WiMAX ISW11HT

下り2.95Mbps 上り0.18Mbps

というように、明らかな速度の差が出てしまいました。使用する機器により数値の変動はあるので誤差の範囲かもしれませんがURoad-7000SSより速度が出なかったのは事実です。これも場所や接続状況により変わってくるかと思いますが、私の印象ではほかの機種に比べて遅いのかなという気がしました。

 

5.WiMAXが切れる時が駄目

WiMAXはauネットワークと違い、まだまだエリアが狭いことと、建物などの影響で電波が遮られてしまい通信できなることも多いのが実情です。WiMAXをONにした状況で通信をし、そのまま移動してWiMAX圏外エリアに行きます。そうすると、当然のことながらWiMAXは圏外になります。この時に、自動的にauネットワークに切り替わります。これはすばらしいんですが、この切り替わる時間が、結構長いんです。 その逆はもっと長かったと思います。
とにかく俊敏な切り替えが出来ないのは、ストレスになってしまいます。ここはとっても残念な仕様ですね。

 

6.液晶が残念

ちょっと緑っぽい気がしますね。NexusOneはちょっとピンクっぽいのも気になります。HTCの携帯の液晶はちょっと残念なのが当たり前なのかなとも思ってしまいます。
MotorolaやNOKIAは真っ白なものが多いのに、残念です。

あとは解像度がちょっと足りないかな。やはりiPhone4と比べるのは酷なのかもしれませんが、液晶の解像度はもっと欲しいところでした。

 

7.タッチパネルは

NexusOneはかなり残念なタッチパネルで、GALAXY Tabは充電していると変な挙動をしてしまうというタッチパネルには散々な目に遭っている私ですが、このISW11HTはなかなか良い感じです。
また、画面下にあるホームボタンやメニューボタンなども光学式なセンサーを用いているものですが、感度は良くこのあたりは評価できるポイントだと思います。

 

というわけで、購入を検討してみました。(買いませんがシミュレートしてみます)

現在私は

・docomo(L-05A/定額データプラン)
・docomo(GALAXY Tab/タイプシンプル バリュー)
・au(W53CA/プランEシンプル)
・DISM WiMAX(ThinkPad X201s & URoad-7000SS/アカデミックプラン)

の4回線を契約している状況です。
とは言ってもGALAXY Tabの回線は寝かせているので月額700円ほど。au回線は家族通話と指定通話定額で指定している友達との通話がほとんど&パケット通信はメールだけなのでほとんどお金はかかっていません。
WiMAXも、DISがアカデミックの申し込みを承っているときに申し込めたので3,480円/月の料金を軸に機器追加の料金で使えているのでそんなに高額というわけではありませんが、合計でどれほどかかっているのか計算してみます。

 

名目

金額

docomo(L-05A/定額データプラン)

4,942円

docomo(GALAXY Tab/タイプシンプル バリュー)

689円

au(W53CA/プランEシンプル)

3,145円

DISM WiMAX(ThinkPad X201s & URoad-7000SS/アカデミックプラン)

3,688円

合 計

12,456円

というわけで、結構かかってしまっています。
これを、ISW11HTに一本化してしまうと、だいぶ安く収まりそうな気がしました。
というわけで、auショップの店員に月々8000円くらい・・・と言われたので、8500円とし通話料などを想定して入れた場合。。。

名目

金額

au(ISW11HT)

10,000円

合 計

10,000円

下の表は単純計算過ぎますが、複数回線持ちからISW11HTに切り替えたら・・・予想以上に安くはなりませんでした。
でも、docomoの2回線は解約せずに寝かせるので追加で1,400円程度が上記の価格に乗っかる格好となります。
ってことは、あんまり変わらないということなんですね。

 

というか、やっぱりISW11HTは買わずに今の形態を維持してみたいと思います。
そろそろauの携帯も機種変更したいところなのですが、なかなか良い機種が出てきませんねえ。
ちなみにau回線はスマートフォンにするつもりはないです。

広告
コメントする

2件のコメント

  1. 詳しいですね・・
    そこで質問ですが  よろしかったら教えて下さい
    ワタシは現在AU携帯電話使っていますが・・

    このブログの作者さんはどのメーカーを・・使っているのですか?
    なぜ 別の会社の通信のが4つも使えるのでスカ?

    よろしくお願いします。

    返信する
    • 私は現在、NTT docomo/au by KDDI/SoftBank Mobile/DISM WiMAX(UQ WiMAXのMVNO)を契約しているので複数のか会社の通信回線を使うことが出来ています。
      という回答でよろしいでしょうか?

      返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。