ThinkPad X201sの見積もりが出ました. 修理3回目

 

先日のエントリーで、ThinkPad X201sのキーボードに水をかけてしまい、その後の起動が不可能になったとご紹介しましたが、その後、一時的に回復したものの結果として故障していると思ったのでLenovoへ修理に出してみました。
請求がある修理は今回が初めてだったので、少し細かくご紹介します。

※今回はThinkPad R31からの更新で画像加工ソフトウェアを入れていないため画像なしの記事となります。

Lenovoから届いた見積書の作業内容にはこのようなことが記載されていました。
以下、引用となります。

「電源投入後、コンセントマークインジケーター一瞬点灯後画面が写らない」障害を確認致しました。検証の結果、システムボードとIOサブカードに液体の溢した跡を確認致しました。この為、上記部品の交換にて障害を修復致します。「本体が曲がっており机に置くとがたついた」とのご指摘により複数の同一機種と比較致しましたが、お客様の機械に異常な歪みは確認されませんでしたが、今回は調整作業を行い対応致します。また、キーボードにも液体の溢した跡が確認されましたが、お客様のご意向により現状のままご返却致します。

という内容でした。
キーボードは自宅にもう一枚あるので新品に交換(有料)しなくていいと伝えたために

また、キーボードにも液体の溢した跡が確認されましたが、お客様のご意向により現状のままご返却致します。

という内容が作業内容に含まれています。

修理サービスに発生する料金は下記のような内容でした。

SVC番号

作業種目

数 量

単 価

金 額

TC01 基本作業 1 8,000 ¥8,000
TC18 電子回路小部品類交換 1 18,700 ¥18,700
UC36 システムボード(CPU装着)の破損や液体零しによる交換 1 87,800 ¥87,800
PC70 拡張保証オプションの適用 1 -100,000 ¥100,000
作業代合計(¥14,500)の消費税

¥725

運送費(内税)

¥3,200

料 金 合 計

¥18,425

修理しない場合 料金合計¥0

 
という結果になりました。
有料ということなのですがクレジットカード決済は利用できないので銀行振り込みのみということでした。
FAXで見積もり料金の承諾をして、修理をお願いしたら支払い要請を待つだけだそうです。
支払いが完了した時点で発送するというシステムだそうです。
 
修理から帰ってきたら、また報告します。
広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。