[フランス]現地のSIMを購入しました。

EFFEL

フランスのパリに来ていますが、現地でSIMを購入したのでレポートします。
全キャリア回ってきましたが、対応としてはこのような感じでした。

 

キャリア

(表示名など)

インターネット使用の有無

プリペイドでデータを使用するメモ

Orange
(Orange F)
OK 契約から2日後にアクティベートしに店まで来ること。
SFR
(F SFR)
NG プリペイドにデータプランは無い。
Bouygues
(BYTEL)
(F-Bouygues)
OK フランスの銀行口座が無いと駄目。
ということでしたが、BouyguesでSIMを購入しました。使用できないと言っても従量課金で使用できます。
結構高いのですが、無いよりは良いので購入しました。
ちなみにBYTELと略される場合があります。携帯電話上での表示は、「F-Bouygues Telecom」「BYTEL」「Bouygues」などがあります。
Bouygues

3Gと2G(2.5G)が使用できます。
価格は€10(10ユーロ)から となっています。

DSC_5001

チャージはスーパーなどで買えるこのようなカードをカートに入れて精算すると

CHARGE FRANCE

このようなレシートが貰えます。
左の写真だと、「100 6827 109 5038」と書かれたものがチャージに使うシリアルナンバーです。

チャージしたい回線から630に発信するとフランス語だけでガイダンスが流れるのでその指示に従ってチャージして下さい。

このチャージが厄介で、フランス語が結構速い勢いで流れます。
一瞬使用できない旨の説明をされているんじゃないかと思いましたがそうではありません。
ガイダンスに従って番号を押してシリアルナンバーを入力します。

私は英語なら分かるんですが、フランス語はほとんど分からないので苦労しましたが何とかチャージできました。

 

 

なお、SIMカードには最初からPIN Lockが掛けられています。
知らないと使用することが出来ませんが、PINは「0000」のはずです。

スマートフォンでお使いになる場合は、寝ているときなどはデータをOFFにしておくと良いかもしれません。
私の場合1時間ほどで€10(10ユーロ)=1,100円くらい を使い果たしてしまったので、出来るだけOFFにしていた方が良いと思います。

 

 

 

街中だとマクドナルド、スターバックスコーヒー(要利用登録)、Subway(サンドウィッチショップ?)などでWi-Fiを使うことが出来ますが、ホテルなどではあまり使えるところは多くないようです。
なお、ルーブル美術館ではOrangeによるWi-Fi SPOTの無料開放がありますが、美術品を展示しているエリアでは利用できません。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。