筆まめ Ver.22を英語版 Windows7で使用する方法

cameraroll-1323860601.410437

今年も師走になりました。久しぶりに筆まめを買うことにした筆者ですが、私のThinkPad X201sは英語のWindows7を買うときに選択していたのでもしかしたら正常に動かないのではないかという不安がありました。
しかし、買わなくては分かりません。そして、買ってインストールすると予想通りちゃんと動かないことが判明しました。

備忘録代わりにもブログに正常に動くようにする設定をする方法を書いておきますので英語版のWindowsをお使いのかたは参考にしてみてください。尚、環境によってはそれでも正常に動かないかもしれないと言うことを言っておきます。

 

問題となる動作
住所録作成画面で、「東京都文京区・・・」というように日本国内の住所を入力していると予測で次の地域名を50音順で表示して入力アシストしてくれます。この部分でフォントがうまく表示できずにフリーズしてしまいます。

コレを直すためには予測アシストをオフにする必要があります。しかし、正式な機能の名前が分からないのでそれっぽい機能を片っ端から切っていきたいと思います。
そうすることで、正常に使えるようになりました。

 

image

まず、筆まめ Ver.22を通常通りインストールして、パソコンを再起動。その後、筆まめ Ver.22を起動してください。

image

既に左上のアプリケーション名が文字化けしているが分かります。しかし、ファイル(F)などが文字化けしていないので不幸中の幸いと言えましょう。
ちなみにここはこれから紹介する手順では直りません。

 

image

まずは、オープニングメニューを閉じます。

 

image

設定(S) から 環境設定(E) を開きます。

 

次の画像と同じようにチェックを変更させてください。
image

image

image

image

これで、住所録作成画面でフリーズすることはなくなりました。
しかし、冒頭にも書いたように必ずしもという物ではありませんので参考になさる方は要注意です。

 

 

尚、筆者の環境はこのとおりです。

パソコン:Lenovo ThinkPad X201s
OS:Microsoft Windows 7 Home Premium SP1 64Bit English
RAM:8GB
SSD:128GB
CPU:Intel Core i7 L640 2.13GHz

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。