Bitcasaからメールが届きました。 ~Bitcasaを使ってみた。~

image

オンラインストレージのbitcasaは現時点でまだサービスが本格始動していませんが、事前登録をおこなった所、数ヶ月経過してからようやくメールが届きました。

クラウドがあなたのハードディスクになる。それも、たったの何十ギガバイトでもテラバイトでもペタバイトでさえなく、そのすべて ― 無限ストレージ ― がたった月額10ドル。これが、新たなTechCrunch Disruptファイナリスト、Bitcasaの驚くべき約束だ。

引用元:LINK:Bitcasa、容量無制限のクラウドディスクが月額10ドルで / TechCrunch

利用料金はUS$10ということだが、まだ課金は始まっていないのか無料で使えている事を先に書いておく。

 

image

 

メールに記載されていた、ダウンロードリンクをクリックしてアプリケーションをダウンロードする。現時点ではMac,Windowsにのみ対応しており、Linuxはまだ提供されていない。

 

image

インストールを進めていく。

image

特に難しい項目はなく簡単に終わる。ここまで2分程度だ。

image

同意して進む。

 

image

x64(64ビット)OSにも対応しているようだ。こちらも難なくインストールは終わった。

image

すると始まったのが、Microsoft Visual C++ 2010のランタイムアプリケーションのインストール。
おそらく既にインストールしてあるパソコンにインストールする場合は省略できる。

 

image

 

デスクトップに作成された、Bitcasaのショートカットアイコンを確認。
実行してみる。

 

 

image

私の環境ではファイアーウォールの確認が出てきた。ここはアクセスを許可する。

 

image

すると出てくる、グリーンの四角が3つあるアイコンがタスクバーに現れるので右クリックで「Login to Bitcasa」をクリックしてログイン画面へ。

 

image

NEW USERでユーザー登録をする。全てアプリケーション上で行えた。

image

Add Folder(フォルダーの追加)では、ローカルディスクドライブ上にあるフォルダーを指定する。新規作成も出来る。
しかし、DROP BOXやYahoo!ボックス(旧Yahoo!ブリーフケース)などのサービスと違うのはネットサーバー上に直接フォルダーを構成するのではなく、ローカルと同じ物をクラウドサーバーに転送するというような考え方。なのかもしれない。(このあたりはまだ使い始めたばかりなので良く理解していなかったりする。 ^^;)

image

ローカルに指定したフォルダーに入っている物は、Bitcasaアプリケーション上でクリックして、「Send This」をクリックすると転送が始まるようだ。しかし転送状況が確認できないのが難点。今後の改良点かなと思う。

 

image

登録したフォルダー(ここではTESTING(LOCAL))をSend ThisでBitcasaのサーバーに転送します。
そのときに出てくるURLを友達などに送信することでそのデータをダウンロードして貰うことが出来ます。

これから、無限ストレージを活用していきたいと思います。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。