Apple iPhone 4Sが修理から帰ってきた。 (本体交換)

私のiPhone4Sの異変に気づいたのは2011年の年末。
SIMカードを認識しない事が多く、また純正の音楽アプリでもアルバムアートが正常に表示されない事や音量がたまにおかしくなってしまう事があり、リストアやOSのバージョンアップをしても改善されなかったので、本体の不良ではないかと考えました。

複数台携帯を使用しているとはいえ、一台の携帯が使えないというだけで不便になります。
ましてや年末に修理に出せば帰ってくるのも遅くなるとだろうという事で2月に修理にだしました。

すると、異常なしで帰ってきてしまいました。

このことを、Appleのシニアアドバイザーと電話でお話した結果、診断では判明できない不良の可能性があるので本体を取り替えますとお約束して頂きました。

そこで、修理に出して数日でAppleから新しいiPhoneが届きました。

image

本体交換の場合は、戻ってくる箱が異なります。
これがその交換時の箱。

 

image

そして、コレがその中身。

_DSC8246

このような感じでiPhoneは包まれています。

_DSC8243

それに、こんなメッセージが同梱されています。SIMピンも含まれているので、少しオトクです。

 

image

iPhoneは新品と同じようにフィルムが貼ってあります。

image

フィルムを剥がします。

_DSC8254

一つ気になったのが、Dockコネクタの横にあるビスが若干潰れていました。肉眼で見る限り、そんなに酷くは見えませんが写真で見ると結構潰れているように見えます。
普通に使う際に、このビスを外すことはありませんから問題はありませんがちょっと気になります。

 

 

何はともあれ、iPhone4Sが新しくなって帰ってきたので良しとします。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。