Logicool Fold-Up Keyboard for iPad2を購入。~新しいiPad(第三世代)で使う時の外しかた~

image

Logicool(ロジクール)から発売されているApple iPad2専用のBluetoothキーボードを購入したのでご紹介します。

価格はNTT-X Storeのナイトセールで会員特価1,280円でした。
iPad用Bluetoothキーボードで、しかもLogicoolということもあり、この値段はなかなか無いんじゃないかと思い購入した次第です。

この製品はパッケージに記載のあるとおりiPad2専用で、新しいiPad(第三世代)や、iPad Retinaディスプレイモデル(第四世代)で使える仕様ではありません。

Bluetooth接続なので関係ないのでは?と思いますが、問題はBluetoothではなくて、このキーボードはケースと一体型になっておりiPad2にはめ込んで使用するタイプなので、iPad2より分厚くなった新しいiPad(第三世代)や、iPad Retinaディスプレイモデル(第四世代)で使えない可能性があります。

今回は、新しいiPad(第三世代)+Cellurarで使ってみたので、どうだったのかご説明します。

※この記事はiPad2以外で使用できる事を保証する物ではありません。iPadの破損報告もいくつかインターネット上で見かけているので十分気をつけてください。

image

装着することは出来ました。
結構固いので、iPadのフロントカメラ部分を先にセットしてから、ホームボタン側をセットしましょう。

外すときは、

_SLR5286

写真の緑色で囲った部分を外側に引っ張ることで外れるみたいですが新しいiPadのCellurar版では、4Gアンテナの電波を通し易くするためのプラスティックパーツ?のような物が、キーボードカバー側のツメに食い込んでしまい、非常に危険な状況になりました。

 

そこで、

image

このような樹脂製の工具を用意します。
ここで注意なのが金属製だと傷を付ける恐れが強いため樹脂製を推奨します。
樹脂製でもキズは付く可能性はありますが覚悟してください。

_SLR5287

このように、先ほどの緑色で囲った部分の範囲でiPadを持ち上げるように樹脂の棒を入れていきます。
ぐいぐいと入れていくとポンっと外れます。
もう一カ所(反対側)も同じようにやります。

 

_SLR5289

これで外れます。
工具が無いとかなりきついです。

 

image

上手く出来ればキズはつきません。

ということであくまで参考として。
尚、使用した樹脂製の棒ですが、Amazon.co.jpなどで「分解ツール」と検索すると同類の物が多数出てくると思います。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。