T-Mobile HSPA+回線で通信規制を受けたと思ったが、APNの設定で解消できた。

一昨日あたりから、T-Mobile HSPA+回線の通信速度が下りで1.6Mbps程度になってしまい、時間的・場所的な問題だと思っていましたが、どこで速度計測をしても1.6Mbps程度になることに気づき、通信速度制限に掛かったと思っていました。
ところが、APNを変更することで通信速度が戻ったので、メモとして載せておきます。

Screenshot_2013-05-21-10-00-10

まずこれが、突然おかしくなった通信速度のスピードテスト結果。
上りがそれなりに出ているため普通に使えます。YouTubeなども特にストレス無く普通に見れました。

Screenshot_2013-05-21-15-32-17

実は、Nexus 4でLTEを掴めるかもしれないと期待しており、常時T-Mobile US LTE用のAPNに接続していました。
APNは、「fast.t-mobile.com」 しかし、このAPNから、通常のAPN「epc.tmobile.com」に切り替えたところ、たちまち通信速度が戻りました。

Screenshot_2013-05-21-14-45-17

APNを通常のに変更した直後のスピードテスト結果がこれです。
LTE用のAPNだと下りで1.6Mbpsしか出ていなかったものが、下りで7.93Mbpsも出るようになりました。(上りが遅くなっているのは場所が変わった為)

その後も、数回の速度測定をしましたが、1.6Mbps程度に留まること無く2Mbps~8Mbpsまで出ることを確認できました。
先日は、LTE用のAPNで接続していたためか一日中通信回線が遅く困っていましたが、これでとりあえず解決できた感じです。

Screenshot_2013-05-20-08-02-29
そしてこれが直近の通信速度。(LTE APN)

この件に関しては、APNが原因で無い場合も考えられますが、実際の所よく分かっていません。

とりあえず、解決したのですが、原因が分からないのはさっぱりしませんね。。。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。