新しいGoogle Mapを試す。

image

 

先日のGoogle I/Oで発表された新しいGoogleMapを試してみました。
とりあえず、新インターフェイスと、旧インターフェイスの比較をしてみます。

 

image新インターフェイス。

 

image旧インターフェイス。

 

 

新インターフェイスの方が、初期状態でのマップ表示領域が広く、旧インターフェイスに比べて一覧性が高いと言えます。

さらに比較用として、iOS Maps(iOS 6.1.3のもの)を出してみました。

photo (2)

解像度が違うため、フェアな表示ではありませんがデザインに注目してください。
iOSのMapsと、新Google Mapsはデザインが似ている気がします。
個人的には、iOS Mapsの真似をしているように思えました。

 

image

また、このような表示も出来るように。 (これもiOSのにそっくりですね。)

image

地図もラスターからベクターに変わっています。これは、データサイズ軽量化のために良い試みだと思います。
ちなみにAndroid版のMapsアプリもだいぶ前にベクターに変わっています。(今回のとは関係なし)

 

image

個人的に使いにくくなった点を上げると、ストリートビューの表示です。従来は、黄色い人型のアイコンを道にドラッグすることで表示できました。
ドラッグをする際に、線が青くなった場所=ストリートビューカメラが通過している事を示します。
そのため、見れれる場所が解りやすかったです。

 

image

新しいGoogleMapsでは、道をクリックする事で画面の左上にストリートビューの画像が出てきます。
これをクリックすることで従来と同じようなストリートビュー画面に切り替わります。

しかし、クリックした地点をストリートビューカメラが通っていない=画像が無い場合は、最寄りの場所が表示されてしまいます。
これが非常に分かり難く、ユーザーはクリックした地点の画像だと思ってしまう可能性があります。
特に知らない場所であれば疑う余地もありません。

ここは早急に改善されるべき点だと思いました。
ユーザーはフィードバックをGoogleに対して送ることが出来るので、気になった点があればGoogleに報告すると良いと思います。

 

image

新Mapsではこのような事も出来るようになりました。
いろんな機能が追加されて面白いですね。

 

まだ一般リリース前なので、従来のGoogle Mapsにもアクセスできます。
新しいGoogle Mapsをいち早く使ってみたい場合は、ここから登録するとGoogleより招待メールが届きますので、登録して利用することが出来ます。
Googleアカウントに紐付けされますが、画面右上から従来のマップに切り替えることも出来ます。
正式リリース後は出来なくなると思います。

(2013/05/21)

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。