日本のApple StoreでSIMロックフリーのiPhone 5sと5cが発売開始へ。

image

先日、Google Nexus 5のSIMロックフリーモデルがGoogle Playより発売されましたが、日本でもようやくSIMロックフリーの時代が到来したと言うことでしょうか。今回はAppleがiPhoneのSIMフリー版を公式で販売することになりました。

これにより、転売業者から買わずとも、安心してSIMフリー版を誰もが買えるようになりました。

 

image

SIMフリー版の価格は上記の通りです。

 

Apple日本 – iPhone 5s

T-Mobile USで分割購入したiPhoneのSIMロック解除方法について

iPhone T-Mobile

T-Mobile USでは、SIMロックの公式解除に応じてくれます。一括で購入した場合は最初からSIMロックフリーのようですが、分割で購入した場合でもSIMロック解除のオーダーをすることが出来ます。

注意:私は電話で確認をしてそのまま手続きをしてしまったので、この下に書いてある内容が契約状況によって異なる場合があります。

私はこのiPhoneを分割で購入しました。最初の支払いが終わり、まだ2回目の支払いを行っていない状態段階でのアクションでした。

image
image
iPhone購入時、$419(SIMカード代金を除く)の代金を支払いました。
購入したiPhone 5sは64GBなので価格は$848.84となります。差し引き$429.84となります。
つまり、端末代金は$429.84が未払い状態となります。ちなみに毎月の分割請求額は$17.91となります。

この状態ではSIMロック解除の手続きは出来ません。
T-Mobile携帯電話から611にダイヤルします。T-Mobileのオペレーターが契約者情報を確認する為に色々聞いてきます。それに答えて情報が確認されたら、SIMロック解除をして欲しい旨を報告します。

すると、「通常は分割代金を完済する必要があるけど、貴方の契約情報でSIMロック解除申請が可能か確かめることが出来ますが続行しますか?」と確認されました。確認して貰うと、「2回分の分割金を納めればSIMロック解除を承る事が出来ますが、貴方はまだ支払っていないのでSIMロック解除は出来ません」と言われました。

その二回分を支払えばSIMロック解除してくれる?と確認をしたところ、「可能です」という回答だった為、口頭でクレジットカード番号を伝えて支払いを行います。するとT-Mobileから契約者番号にSMSが届きます。

image

その後、iPhoneのIMEIを確認されました。手元にIMEI番号を用意しておく必要があります。
ちなみにiPhone5/5sのIMEIは製品本体裏面、iPhoneの「設定」の中から確認する方法、さらに製品の箱にも貼ってあります。

それを伝えて問題が無ければ、24時間以内にT-Mobileからメールが届きます。

(追記)

T-Mobileから、「残念ながら最低2月は使ってもらわないとSIMロック解除の受付はできないことがわかりました。」
とメールが届きました。
適当な案内をされてしまったようです。
また今度ためして見ます。

http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=3093055&pid=882343293

Apple iPhone 5s Caseを購入。

image

iPhone 5sを購入したので、Appleから発売されているiPhone 5s Caseを購入してみました。
MF041LL/Aという型番で、色はブラウンを選んでみました。価格は$39.00でした。

Appleの純正ケースといえば、iPhone 4用のバンパーから始まり、iPad 2のSmart Cover、第三世代iPadの時は裏面もカバーできるiPad Smart Caseなんて物も発売されましたね。

全て買いましたが、どれもイマイチでした。iPhone 4のバンパーは裏面は保護できない仕様だったし、iPad 2のSmart Coverはカバーと本体の接地がマグネットのため、接地部分にキズが付きやすく、本体の裏面は保護できませんでした。Smart Caseは待望の製品でしたが、カバーの三角形状が上手く作れなかったため、iPadを経たせて使うときのバランスが悪い製品でした。

さて、そんなApple純正のケースなんですが今回は普通に良さそうだったので買ってみました。

 

image

純正ケースなので、Appleロゴがあります。
Appleロゴは個体差があり、模様のようになっているものもあるので気になる人はお店で入念にチェックして購入した方がよいでしょう。私は出来るだけ模様のようになっていないものを選びました。
カメラ部分はプラスティックで枠が作られています。

image
AppleのサイトにあるiPhone 5s Case画像のようにAppleマークのエッジははっきりしていません。

 

 

image

マナースイッチ、音量+/-ボタンはこんな感じ。

 

image

ケースの内部にはマイクロファイバーが敷かれており、iPhoneを傷付けにくい仕様になってます。
また、iPhoneの刻印と一緒にDesigned by Apple in California Assembled in Chinaの表記もあります。

 

image

ケースの下の部分はこんな感じ。
当然のことながら、イヤフォンコネクタ、マイク、スピーカー、Lightningコネクタ部分はくり抜かれています。綺麗にくり抜かれているのと、そのあとの処理もちゃんとしてありますね。

image

iPhone 5sを装着した様子。
Lightningケーブルは、純正の物以外でも使用できました。
Appleの認証を貰っているケーブルの基準にサイズがあるか解りませんが、手持ちのPLANEX社のBN-LTCHG-Wを刺してみたところこれでもまだ若干の隙間がありました。(純正より太めです)

 

ケースの質感がなかなか良いので、気になる方はチェックして見てください。
これを購入したAppleStoreでは、ケースの実物が材質確認用として全色おいてありました。
自由に触ったり付けてみたりすることができたので、もしかしたらお近くのAppleStoreでもケースの展示を行っているかも知れませんので、気になる方は問合せをしてみてください。

 

 

■追記■2013/10/30

ケースが非常に汚れやすいため、返品してきました。
購入される方はその点を考慮してごご検討いただくことをお勧めします。

Apple iPhone 5を購入。

image

記事にするのが遅れたのですが、iPhone 5を購入していました。
新型のiPhone 5sや5cが発売される直前に購入したのですが、MNPで購入すると一括0円で購入するキャンペーンを見つけたので購入した次第です。

特に紹介する事は無いので、記録としての記事を公開しておきます。

AppleStore Online(US)でのT-Mobile版 iPhone 5の取り扱いが他社と違う事に気づいた。

image

米国では、「AT&T」「Sprint」「Verizon」がiPhoneシリーズを取り扱っていますが、先日からは「T-Mobile USA」もiPhoneを取り扱い始めました。
これにより、米国では4大キャリアでiPhoneを買えるようになり、ユーザーとしてはより選べるようになりました。

さて、AppleStore Online上ではT-MobileがiPhoneを取り扱い始めた後でも上の画像のままでT-Mobileの表記が見つかりません。
AppleStore Onlineでは取り扱わないのか、まだ始まっていないのか 色々考えながらページを下へスクロールしていくと、

image

こんな所にT-Mobileのロゴがありました。

T-Mobileでは2年契約を廃止したため、SIMフリーと同じ形態で販売する形になったようです。
※2年契約は現在でも家電量販店などでは続いています

image

カートにT-Mobile版のiPhone 5と、SIMフリー版のiPhone 5を入れた様子。
価格は同じで、T-Mobile版の表示には「T-Mobile Unlocked」と表記されているのでSIMフリー版であることが明確です。

モデルナンバーを見てみると、SIMフリー版とT-Mobile版は違うので、今からGSMのSIMフリーiPhone 5を買うならT-Mobile版を買った方が対応バンドが多い為オトクかもしれません。
T-Mobile版では、T-Mobileで使用されるAWSバンド(上り1700MHz/下り2100MHz)のUMTS/HSPA/HSPA)+が利用できます。
一応、T-Mobile版のiPhoneにはT-Mobile SIMカードも付属します。

Apple iPhone 4S SIMフリー版を買ってきました。

ちょっと記事にするのが遅れましたが、ご紹介します。

 

image

購入したのは、16GBのブラックモデル。
iPhone 5が発売された翌日に購入しました。

Twitterで書いた通り、「Apple製品は2世代目が良い」ということもあって、1世代前となるiPhone 4Sを購入した次第です。

また、私はiPhone 4Sを発売日にauで買っていますがSIMロックがかかっているので、海外に行ったときに現地のSIMを利用できず、面白くありませんでした。

iPhone 4Sは結構気に入っていた機種なので、このタイミングでSIMフリー版を買うことにしたのです。

 

image

嬉しいことに、iOSのバージョンは5.1.1で、まだマップアプリの中身はGoogleです。
買うときに声をかけたスタッフにOSはアップデートしないでね、と話したら「私もiOS6嫌いだからこのままどうぞ」と渡してくれました。

とりあえず、iPhone 5Sまでの繋ぎで使うつもりですが、私が発売日に買ったiPhone 4Sより安定している気がするので、iPhone 5は買わずに我慢できそうです。

 

また、Apple Care+も付けたので、メイン端末としてがんがん使っていけそうです。