T-Mobile USで分割購入したiPhoneのSIMロック解除方法について

iPhone T-Mobile

T-Mobile USでは、SIMロックの公式解除に応じてくれます。一括で購入した場合は最初からSIMロックフリーのようですが、分割で購入した場合でもSIMロック解除のオーダーをすることが出来ます。

注意:私は電話で確認をしてそのまま手続きをしてしまったので、この下に書いてある内容が契約状況によって異なる場合があります。

私はこのiPhoneを分割で購入しました。最初の支払いが終わり、まだ2回目の支払いを行っていない状態段階でのアクションでした。

image
image
iPhone購入時、$419(SIMカード代金を除く)の代金を支払いました。
購入したiPhone 5sは64GBなので価格は$848.84となります。差し引き$429.84となります。
つまり、端末代金は$429.84が未払い状態となります。ちなみに毎月の分割請求額は$17.91となります。

この状態ではSIMロック解除の手続きは出来ません。
T-Mobile携帯電話から611にダイヤルします。T-Mobileのオペレーターが契約者情報を確認する為に色々聞いてきます。それに答えて情報が確認されたら、SIMロック解除をして欲しい旨を報告します。

すると、「通常は分割代金を完済する必要があるけど、貴方の契約情報でSIMロック解除申請が可能か確かめることが出来ますが続行しますか?」と確認されました。確認して貰うと、「2回分の分割金を納めればSIMロック解除を承る事が出来ますが、貴方はまだ支払っていないのでSIMロック解除は出来ません」と言われました。

その二回分を支払えばSIMロック解除してくれる?と確認をしたところ、「可能です」という回答だった為、口頭でクレジットカード番号を伝えて支払いを行います。するとT-Mobileから契約者番号にSMSが届きます。

image

その後、iPhoneのIMEIを確認されました。手元にIMEI番号を用意しておく必要があります。
ちなみにiPhone5/5sのIMEIは製品本体裏面、iPhoneの「設定」の中から確認する方法、さらに製品の箱にも貼ってあります。

それを伝えて問題が無ければ、24時間以内にT-Mobileからメールが届きます。

(追記)

T-Mobileから、「残念ながら最低2月は使ってもらわないとSIMロック解除の受付はできないことがわかりました。」
とメールが届きました。
適当な案内をされてしまったようです。
また今度ためして見ます。

http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=3093055&pid=882343293

SMSでfoursquareを利用できるツールが便利。

image

残念ながら、対応しているのは数カ国のみで、日本でも使えませんが。。

DOTGO(http://dotgo.com)のサービスに、foursquareをSMSで利用するサービスがあります。
SMSの為、位置の測定が出来ません。そのため、前回のfoursquareチェックインの場所が指定されます。もし、違う街にいる場合なら位置を手動で指定することが出来ます。

利用登録は、http://dotgo.com/res/foursquare/から出来ます。

Screenshot_2013-10-06-17-00-34
利用登録後、368266にforsquareとSMSを送信するとメニューが帰ってきます。

Screenshot_2013-10-06-17-02-00

と、こんな感じで利用できます。チェックイン後、Twitterに投稿したり、Facebookに投稿したりするオプションもチェックイン後に選ぶことが出来ます。

 

iPhoneや各種Androidデバイスであれば、foursquareアプリを使った方が効率よく使えますが、地域によりデータ通信が遅かったりして快適にアプリケーションが利用できない事があります。
そういったときは、SMSのほうがストレスなく使える場合があるので、そういった場合に使うと良いでしょう。

サービスは無料で利用できますが、SMSの送信にかかる通信料は別途発生します。
SMS使い放題プランか、無料送信出来る回数が多いプランを利用している人は気兼ねなく利用できて更に良いでしょう。

使い方次第で便利なNFCタグを購入

image

近頃のスマートフォンにはNFC対応機種も増えてきており、NFCタグを読む環境があるけど使ったことは無いって人も多いかと思います。
私もそうで、NFC対応のスマートフォンを使いSuicaやEdyの残高を確認する程度に留まってました。

ブランクのNFCタグを購入すれば自分で好きに書き込んで使うことが出来、使い方次第ではとても便利な物になります。

 

image

NFCタグの裏側はこのようになっていました。
※実際は縁に余裕があります。

 

サンワサプライのページでも紹介がありますが、「NFCタスクランチャー」(GooglePlay)を使って私は書き込んでいます。

image

タッチすることでアプリが起動するってのでも便利ですが、それ以外にもこのようにして「Wi-FiとBluetoothをオン、自動同期をON、音量をそれぞれ設定、画面の明るさを70に」というように複数のアクションを起こして使うことが出来ます。

 

 

今回は、touchanote.comより購入しましたがこの製品である必要はありません。
NFCタグも今では色々売っていますが、日本ではサンワサプライがNFCタグシールを取り扱っています。

NFCタグシール SMARTRAC社製(Circus) 300-NFC001 / サンワサプライhttp://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/300-NFC001

NFCタグは割と安く、1枚あたり100円程度から購入できるのも良いですね。

GooglePlay(USA)で買った製品の返品処理をする。

このエントリーは、Google Nexus4の純正Wireless Chargerの調子が悪いのでGooglePlay(USA)で交換手続きをした。の続きです。

image

 製品不良の疑いで、交換依頼を出しておいたGoogle Nexus4専用の純正Wireless Chargerの交換品が届きました。交換品は通常の新品と同じパッケージでした。

 

さて、返品するのにあたり必要な書類を印刷する必要があります。

その書類は交換の依頼を電話した直後に送られてきたメールにあります。

image

添付ファイルはPDF形式で2つあります。

image

一つは、RMA(Return Merchandise Authorization)書類。
これは印刷した物を商品と一緒に箱に同梱します。その後の処理のために必要です。

 

image

もう一つはUPS(運送業者)用の貼付伝票です。
これは、指定された返送先まで、着払いで、どの種類のサービスで返送するかが書かれた伝票です。
これは印刷後、専用のパウチに入れて貼り付けます。持っていない場合は無色透明のテープを前面に貼る必要があります。つまり、インクジェットだと濡れて印字が滲む可能性があるので、一応の防水加工はしなければなりません。それが面倒なら、専用の袋をUPSで貰う必要があります。

今回は、LGのリペアセンターまで送られることになっているようです。

CIMG0227

UPS取扱店で、印刷したラベルと箱を渡せば後はやってくれます。料金は請求されません。

 

これで終わりです。
簡単ですが、ちょっと面倒でした。

 

以上です。

Google Nexus4の純正Wireless Chargerの調子が悪いのでGooglePlay(USA)で交換手続きをした。

私がGoogle PlayからNexus4を購入して1ヶ月ちょっとが経過しました。
Nexus4と一緒に購入した純正のWireless Charger(Qi基準無接点充電器)と一緒に使ってきたのですが、このところ上手く充電されなくなってきました。
最初は本体の発熱が原因だと思っていたのですが、実はそうでもないようです。

image

これは今日(2013/04/08)の状態。
海に出掛ける時はiPhoneにSIMを差し替えて防水ケースを着用して出掛けています。
そのため、今日はNexus4のSIMを抜いた状態でWireless Chargerに置いた状態で出掛けました。本体の電源は切って出掛けました。

上記のスクリーンショットを見ていただければ解るとおり、14:00ちょっとまえあたりから17:00くらいまでの間、充電が全く進んでいません。
グラフでは赤色の線が充電中ということになっているので、画像を見る限り時々充電に切り替わるが殆どの使用中となってます。

実は、このような状況は以前にも何度かありましたが先ほど書いたとおり本体の熱が原因だと考えていたのです。
ところが、SIMを抜いて何もしていない状況での充電不良はおかしいと判断した為、GooglePlayに問い合わせてみることにしました。

image
Google Play > Help home > Troubleshooting > Nexus 4

GooglePlayのサポートページでNexus4の所まで行くと、「Questions?」と書かれた項目に電話番号の記載があります。
電話番号は、1-855-836-3987(米国)です。(発信前に確認することをお勧めします)

電話を掛けると音声ガイダンスで、いろいろ聞かれるのでガイダンスに沿って番号を押し勧めていきます。
私の場合はオペレーターが電話に出るまで1分程度でした。

オペレーターに名前とGoogleWalletに使用しているアドレス、さらに製品の異常について説明します。
さらに詳しく聞かれるので、「どういうときにどうなるか」というのを説明します。
オペレーターは、コンセントに刺さっていないだけではないか?などというユーザーのミスによるものでないかということを確認してきましたので、その仮説を否定し常時接続状態であることを説明しました。
交換対応希望なのかと確認されたら、確認すると言えば次のステップへ進めます。

その後、別の部署に電話が繋がります。
今までの内容確認に加えて、メールアドレスの再確認、そして商品交換についての注意事項の説明がありました。

一つ大きな注意事項は、「商品交換に伴い、商品代金をもう一個分余計に支払って貰う事になるが、ちゃんと返品してくれればお金は戻す」という点でした。
期間内の製品交換は不良が認められた場合に限り無料で一切の自己負担金は無いということでした。(ただし一時的に製品代金100%負担)

image
暫くするとGoogleからメールが送られてきました。
ここにあるURLをクリックして支払いを行います。

Screenshot (140)

Google Walletの画面から支払いを行います。
ここでも日本で発行されたクレジットカードでは支払いが出来ません。さらに日本への発送も出来ません。

image

米国で発行されたカードと、米国の住所を入れてComplete your purchaseをクリック。
支払いが行われて、交換品発送へのアクションが実行されました。

日本でのGooglePlay電話サポートはあまり評判が良くないですが、米国での対応は普通でした。
オペレーターによって対応は変わると思いますが、レスポンスも良くあっという間に手続きを終了できました。

交換品が届いたらまた書きます。

続きは、別エントリーに書いているので、こちら「GooglePlay(USA)で買った製品の返品処理をする。」をどうぞ。

2013/04/09 Googleから交換品の発送連絡が来ました。
2013/04/11  UPSの2nd DAY AIR便で届きました。