SAMSUNG GALAXY S4 SC-04Eを購入。

image

先日、SAMSUNG GALAXY S4 (SC-04E)を購入しました。
本体色は「Blue Arctic」です。
実は、SAMSUNG GALAXY Sシリーズは今まで買ったことが無く、S4が最初のGALAXY Sシリーズとなりました。
(GALAXY Nexus、GALAXY Noteは購入しています。)

image

CPUにはQualcomm Snapdragon 600 APQ8064T Quad – 1.9GHzを搭載しているようです。
ディスプレイには5インチのFull HD Super AMOLED(1920×1080px 441ppi)の高解像度ディスプレイを搭載、カメラは1320万画素の裏面照射型CMOSカメラで表面カメラは210万画素と比較的高画質なサブカメラを搭載しています。

image

docomo Xiのロゴが目立つので、賛否両論あるポイントかと思いますが個人的には気になりません。

image

全体的にバランスが良い感じですね。ベゼルも狭く、液晶サイズにしては本体が大きくなっていないのがとても良い感じです。

_SLR1490

手持ちの一番よく使う3機種で画面比較をしてみました。

GALAXY S4は有機ELを採用していますが、GALAXY NEXUSの用に雑なディスプレイでは無く高精細で、かつコントラストが少し落ち着いた感じがします。GALAXY Nexus, GALAXY Noteのディスプレイはあまり好きではありませんでしたが、このディスプレイなら個人的に悪くないと感じました。

Nexus 4はIPS液晶を搭載していますが、発色があまり良くなく鮮やかさに欠ける面がありました。とはいえ、GALAXY S4よりは細かい描写が得意のようで、細かい線を表示させたときはNexus 4のディスプレイの方が綺麗でした。

iPod touch(第5世代)の液晶はこの中で比較しても、一番無難だと思います。
解像度こそ高くないものの、ディスプレイの質はかなり良いと感じました。

NTT docomoから販売されているGALAXY S4は、NOTTV(モバイル向け放送サービス)とワンセグ(地上波放送のモバイル向けサービス)の両方に対応している点にも注目です。GALAXY Noteよりワンセグの感度は良くなっている気がしました。私の部屋の中でも受信可能でした。

Screenshot_2013-08-09-15-42-34

さらに、docomoのLTEサービスであるXiも速度改善がされているようで速いときでこれくらい出ています。docomoのBand 3に対応しないものの、通信速度は下り最大100Mbpsまで対応しています。ただしまだ一部地域のみでしか使えません。Wi-Fiは、802.11acに対応しています。

広告

ハワイのABC Storeで買えるSIMカードが登場!

image

ハワイのワイキキ(ホノルル)を訪れた人なら、1度は入ったことがあるであろう「ABC Store」。
最近、SIMカードの取り扱いが一部店舗で始まりました。

価格は$49.99 (税別) (約5000円程度)。
はっきり言うと安くないけど、ハワイのワイキキエリアでSIMカードを売っているところがあまり無いので、入手しやすい点は評価できます。
しかし、価格の割には使えるデータ量も少ないので出来る人は他の物を買った方が良いでしょう。

 

これはRed Pocket Mobile社が提供するSIMカードだけど、中身はアメリカ第2位のAT&T社による回線提供なのでエリアについては電波の心配はいりません。
ハワイのオアフ島なら広い範囲で使えます。ワイキキはもちろんのこと、ノースショアのあたりでも通話が出来ます。(あのあたりは電波が弱いけど)

このSIMカードの特徴を書いておきます。

・有効期限は購入(有効化)から15日間。
・無制限の米国内通話(発信も受信も使い放題 一緒に居る、国際ローミングで使っている友達には発信できません)
・100MBのデータ通信が含まれる。
・周波数はGSM 850/1900 UMTS 850/1900

というもので、特によく通話をする者にとっては悪くないと思います。
逆にネットが主という人には100MBのデータしか含まれないためあまりお勧めできません。
(SkypeやLINEなどは通話機能も”通話”ではなく”データ”を使用します。)

100MBのデータはEメール500通とウェブサイト50ページ分程度利用できるみたいです。
※メールは添付無し ウェブサイトは1ページ1MBとした場合 AT&T Data Calculatorによる計算

家族や友達で行った時に、みんなの分を同時に購入すれば、ちょっとした用事の都度に電話しても追加料金が掛からないので安心。使えるデータ量は限られるが、地図を見たり調べ物をしたりするのに活躍するでしょう。

もし、ハワイに15日間滞在するなら一日あたり約$3.4で利用できることになるので、よく通話をして、なおかつ手軽に買いたい人にはお勧めかも。
でも、やっぱり高いです。

 

 

注 意
「SIMロックフリーの携帯電話」もしくは「SIMロック解除済の携帯電話」かつ、上記に記載したGSMバンド対応機種でないと使用できないので注意してください。特に日本国内で販売中のiPhoneシリーズは全て原則として利用できません。NTT docomoより2011年4月以降に発売された携帯電話は一部を除きSIMロック解除に対応しています。詳しくはNTT docomoのWebサイトを参照のこと。

 

 

(2013/08/01)

T-Mobile USAが非公式テザリングをさせないための手段を取り始めている話

image

T-Mobil USAでは、料金プランにテザリングを含まないでテザリングを利用する”非公式テザリングユーザー”にテザリングによるネットワーク通信をさせない防御処置を執り始めています。

T-Mobile回線のスマートフォンからテザリングを行いブラウザを立ち上げると「Smartphone Mobile HotSpot」というページが開かれ「Mobile HotSpotの契約を有効にしなさい」という表示が出てきます。そのまま進めていくと自分の契約を開いて切り替えることが出来ますが、Mobile HotSpotオプションが存在しないプランを利用しているユーザーにとっては、結局利用できないままになります。

※Mobile HotSpotはT-Mobileによるテザリングのサービス名称

T-Mobileが非公式のテザリングは許可していない方向にありましたが実際の所は利用できました。ただし、たまに上のような画面が出てくることがありましたが、再接続すればもう出てこなかったりしていました。

今回、と言ってももう1ヶ月程度前の話になるのですが、このように制限を厳しくしはじめているのには、LTEの開始のよるトラフィックの増加が背景にありそうです。

ちなみにテザリングを使わない場合のデータ通信は相変わらず無制限で利用できています。(無制限プランの場合に限り)

 

しかしながら、VPNを通せばテザリングでネットが利用できるほか、FacebookやTwitterは規制されずに利用できています。これもそのうち塞がれるのでしょうか。

あとは、テザリングでiPadやNexus 7などのiOS/Androidタブレット、iPod touchなどの携帯端末に接続をすると何の問題も無く利用できてしまいます。通信量の多いPCによる通信を抑制しているのか、モバイル端末は通信から判別することが難しいから制限が届かないのか、実際の所はよく分かりません。

UQ WiMAXがアメリカでのWORLD WiMAXサービスを有料化。

UQコミュニケーションズは、今まで無料で提供されていた米国でのWiMAXローミングサービス、WORLD WiMAXを7月25日(米国)から有料化すると発表しました。
ソースは下記より。

北米におけるWORLD WiMAXのご利用条件変更について

今ままで、対応するWiMAXモジュール搭載のノートパソコンをUQ WiMAXで契約していたユーザーは、北米でのWiMAXローミングが無料で使えるという素晴らしい特典がありました。
頻度に北米に行く人はそれだけで契約するメリットがあったと言えます。

ところが、7月25日をもって有料化するということで、北米でUQ WiMAXによるローミングでインターネットをしていたユーザーにとっては残念なお知らせとなるでしょう。

image

ローミング(?)とはいえ、価格設定は通常のCLEAR wireが用意している一般向け料金と同じです。
そのため、特別高額になっているということはありません。
今回の有料化は残念ですが、今まで無料だったことに感謝したいですね。

私のT-Mobileアカウントが月の途中で止まったので問い合わせをした。

DSC00044

私が現在使用している、T-Mobile USAのプリペイドプランは、先月の29日に更新したばかり。それなのに、13日後の今日T-MobileからこんなSMSが届きました。

IMG_20130710_185306

このSMSを受信したときから、アンテナピクトはグレーに変わっていて、在駐していたSkypeのアイコンが中抜(=ログインしていない状態を意味する)になっていたので少し焦りました。

 

IMG_20130710_185955

画面の上には既にこの表示があり、「契約状態が有効になっていない」ということを示しています。
30日分の契約をしているはずなのに、13日目でこのような状況になってしまったということです。

とりあえず、今すぐ$70の支払い利用を再開するのは抵抗がありました。また13日程度で切られるのではないかと思ったからです。ですがTwitterやFacebookなどでSMSによる通知をONにしているため、結構な頻度でSMSを受信したり送信したりする都合上、早く切り替えないとお金が掛かってしまうので、アカウントに残っている残高を確認し、$2/Dayのプランに切り替えました。月単位じゃないので数日埋めるのには最適なプランです。

 

Screenshot_2013-07-10-17-52-25

ネットワークにサインインすると、この画面になりました。
つまり、今すぐプランを更新する(支払いをする)か、料金プランを変えるか(結果お金は払う)というものです。
こうなった原因が理解できないため、T-Mobile携帯から611でサポートに電話をしてみました。

事情を説明すると、最初は携帯の設定が間違っているからネットに繋がらない物だと思われましたが、より詳細に説明をすると私の契約情報を参照してくれました。

そこから、T-Mobile側が顧客に発信したSMSを一覧できる仕組みになっているようでT-Mobileから私に送られたメールを見て状況がおかしいことを理解してくれました。

その後、担当者は上の人に聞いてみるといい、5分程度席を離れました。
結果として、$70(一日あたり約$2.33)が13日しか利用できなかったことの異変を認め、残りの17日相当分の$40をT-Mobileプリペイドアカウント残高に追加してくれることになりました。

結果として得はしてませんが、ちゃんとした対応を受けることが出来てこの点は満足です。とりあえず、今日からしばらくは残高分で使います。旅行が終わってからチャージをするつもりです。

デルタ航空 608便(成田国際空港NRT to ホノルル国際空港HNL) ビジネスクラスの機内食

成田からホノルル行きのデルタ航空608便に搭乗したので、機内食をご紹介します。

 

 

FIRST COURCE
ファーストコース

image ファーストコースの内容。

 

_SLR0423

フレッシュグリーンサラダ
FRESH GREEN SALAD

 

_SLR0425 マッシュルームクリームスープ
CREAM OF MUSHROOM SOUP

 

_SLR0427

春巻き
SPRING ROLL

 image

ローストビーフ
ROAST BEED

 

_SLR0432

パン
BREAD

 

 

 

メインコース
MAIN COURCE

image

若鶏胸肉のロースト
レモンオリーブトマトソース仕立て、スイートクスクス、アーモンド、スナップえんどうを添えて
RIASTED CHICKEN BREAST
with lemon olive tomato sauce
accompanied by sweet couscous with almonds and sugar snap peas

 

 

image

チョコレートソースアイスクリーム
いちごを添えて
CHOCOLATE ICE CREAM
with Strawberry

 

 

 

到着前のメニュー
PRE-ARRIVAL MEAL

 

 

朝食パン、ジャムを添えて
BREAKFAST BREADS AND PRESERVES

 

季節の新鮮なフルーツ
SEASONAL FRESH FRUIT

デルタ航空 639便(ホノルル国際空港HNL to 成田国際空港) ビジネスクラスの機内食

 

ちょうど一ヶ月ぶりに日本に帰国しました。
滞在していたホノルルは暑いと思っていましたが、日本に到着し最初に感じたのはホノルルより暑いというものでした。恐らく湿度が違うのでしょう。グアムよりはましですが、日本は暑いですね。

それはさておき、今回利用した便で提供された機内食をご紹介します。

 

FRST COURCE
ファーストコース

 

imageファーストコースの内容。

 

 

_SLR0162

ほうれん草とラディッキオのサラダ
フェタチーズを添えて
SPINACH AND RADICCHIO SALAD
with feya cheese

 

image

蟹と海老のサラダ
CRAB AND SHRIMP SALAD

 

_SLR0172

パン
BREAD

 

image

ポテトとリークのスープ
POTATO LEEK SOUP

 

 

 

MAIN COURCE
メインコース

 

image

牛テンダーロインのベアネーゼソース仕立て
グレモラータリゾットとガーリック風味のブロッコリーにを添えて
SEARED BEEF TENDERLOIN
with béarnaise sause, risotto gremolata and broccolini with garlic.

 

 

 

image

新鮮なフルーツ
FRESH FRUIT.

 

 

 

 

PRE ARRIVAL MEAL
到着前の食事

 

image

スイートオニオンキッシュ
チキンアップルソーセージ、アスパラガスとトマトのグリル
SWEET ONION QUICHE
with chicken apple sausage, grilled asparagus and tomato.

 

 

 

という感じでした。

尚、紹介した機内食は2013年6月中はホノルル発(HNL)のデルタ航空日本行き全線で提供されているはずです。(成田、関西国際、中部、福岡行き)

 

_SLR0263

そして無事に到着(^^)

T-Mobile USのモバイルデータを使いすぎたけど、問題が無かった話。

私は現在、T-Mobile USAのプリペイド定額プランに加入しておりデータ通信も、米国国内(同士)の通話、SMSも全て定額です。
そのおかげで、通話もSMSも結構使います。特に、SMSは気軽に使えるので月に300通以上使っている感じです。

T-Mobile $70の定額プランだと、データ通信量に関する制限の表記が無いため、以前にもこんな記事を掲載して1週間で10GBを超える通信を行って通信規制されないことに驚いていました。

しかし、今月はもっとデータ使用量が増えていました。

Screenshot_2013-06-23-09-14-04

今月の通信量は124GBでした。

流石に通信規制をしても、、と思う量になりましたが相変わらず通信規制を受けずに使えています。T-Mobile LTEが利用できるようになったこの一月、私の通信量は大幅に増えていました。

 

とりあえず、自分用のメモという形で残しておきます。

The new iPad(2012)が落下してフロントパネルが割れたのでGeniusBarで修理の相談をしてきた。

PHOTO_20130622_104329

先日の夜、机の上に置いたThe new iPadが机の上からタイル張りの床に落下しました。
凄い音がしたので、フロントパネルが割れているのを覚悟して見てみると予想通り割れていました。
以前、iPhone 4を割ったとき(エントリーはこちら)は液晶画面も含めて割れたので画面が見えなくなりましたが、今回のiPadは液晶ディスプレイの破損は確認できなかったので、ガラスだけが割れた形となりました。

iPhone 4の液晶+フロントパネル破損時と同様に、今回のiPad本体には液晶保護フィルムやケース類は一切付けていませんでしたので、もしケースを付けていれば破損は免れたかもしれないと思うと、ケースを付けておくべきだったと思ったりしました。

さて今回、割れてしまったiPadは下記のエントリーで紹介している機種。

The New iPad + Cellular を購入!

AT&T版 32GBブラック モデルで価格は$729。
もちろん、SIM フリーなので旅行の時に重宝したりしてました。

購入から1年以上経過している上にApple Care+に加入していなかったので修理は高額になることが予想されましたが、案の定GeniusBarの人から修理代金$300(約30,000円)と宣告されました。

修理費用が高額になることと、次期iPadが大幅なモデルチェンジをしてくる可能性、というかそもそもiPad miniばっかり使っていて9.7インチのiPadは必要ないのではないか と、色々考えた結果、今回の修理は見送りました。

よく考えて修理に出すか買い換えるか検討してみます。

今日からT-Mobile LTEがHonolulu広域で利用可能になったので、Waikikiでの通信状況を確認してきた。

今日はLTEの予感がしたので、Nexus 4をLTE/GSMモードにし、APNをLTE用にセットして使っていたところ、午後11時頃急にLTEをキャッチすることに成功しました。

ちょうどLTEが利用可能になった瞬間でしょう。それまでは利用できなかった場所でT-Mobile LTEが利用可能になったのです。

早速、Waikiki方面に向かいチェックしてきたので、ご紹介します。
基本的に複数のホテル前での計測です。

oahuホノルルのワイキキエリア以外は調査していないので、他にも使えるところが有る可能性が高いかもしれません。

areahonolulu

今回、T-Mobile LTEの接続が確認できたのは、上記の図のピンク色の部分です。
着色されていない部分は試していません。上記の他に使える可能性が高いエリアもあります。

1.Waikiki Beach (Kuhio Beach Park) Area

DSC05229

Download 14.86Mbps  Upload 7.02Mbps

2.HYATT REGENCY HOTEL Area(Kalakaua Ave. & Koa Ave.)

DSC05221

Download 17Mbps  Upload 19Mbps

3.SHERATON PRINCE KAIURALI HOTEL AREA (& Kings Village)

DSC05216

Download 26Mbps  Upload 19Mbps

4.AMBASADOR HOTEL AREA (& MAILE SKY COURT HOTEL,WAIKIKI GATEWAY HOTEL)

DSC05180

Download 26Mbps  Upload 18Mbps

5.OHANA WAIKIKI MALIA HOTEL AREA (In front of Kuhio Ave.)

DSC05189

Download 20Mbps  Upload 21Mbps

6.DFS GALLERIA WAIKIKI AREADSC05192

Download 23Mbps  Upload 17Mbps

7.A WESTIN RESORT MOANA SURFRIDER HOTEL AREA

DSC05210

Download 20Mbps  Upload 22Mbps

8.HILTON HAWAIIAN VILLAGE HOTEL AREADSC05267

Download 30Mbps  Upload 21Mbps

LTEから切断されることは無く、全域LTEで利用できました。
通信速度は下り5Mbps程度~30Mbps程度に留まっていました。

既にホノルル国際空港も利用できる範囲として整備されているということなので、ハワイの主要エリアでのT-Mobile LTEは今日6月5日に整備はほぼ完了したとみて大丈夫そうです。

また、若干ですが基地局を増やしたのか出力を調整したのか不明ですが、HSPA+も少し速くなっており、今まで電波が弱かった場所でもそれなりに使えるようになっているところがありました。

とりあえず、念願のT-Mobile LTEが整備されて個人的にはかなり満足です。

尚、 ホノルルに配備されたのは2 x 5MHz の基地局のようです。
もしくは、2 x 10MHzの基地局だけどダウンロード速度の制限をしているかもです。
(憶測ですが、DownloadもUploadも10MHz展開されていた可能性が高いです。いずれホノルルに訪れた際に検証します。)

尚、現状で使われているT-Mobile USAのLTE周波数は、下り2100MHz、上り1700MHzのAWSバンド(4)となっており、iPhone 5で利用するのであればA1428モデルでないと使用できません。
A1428-GSMモデルのiPhoneは、アメリカ&カナダ&メキシコ&プエルトリコのみで販売されており、日本でよくSIMフリーとして転売されているVerizon Wirless版のiPhoneは米国モデルですがA1429ーCDMAモデルでBAND4(AWS) 非対応機種為、T-Mobile LTEには接続できず、HSPA+もしくはEdgeでの接続に限られます。
T-Mobile 1900MHzのエリアはかなり広がったとはいえ、全域で使えるようになったわけではありません。

SoftBank / auで販売されているiPhone 5も同様にT-Mobile US LTE周波数に対応していないのでローミングでLTEが使えるようになってもT-Mobile LTEには接続できません。