T-Mobile USが「世界を少し小さくする」”Simple Global”を発表。100以上の国と地域で国際データローミングが無料に。

image

T-Mobile USAでは、先日発表したポストペイド(Simple Choice)契約者向けのサービスが10月後半から開始されます。
国際ローミング=高額 というイメージが一般的ですが、そのイメージが過去の物になるかもしれない大きな一歩となるでしょう。

今回のリリースでは、世界115の国と地域において追加料金なしで無制限のデータローミングを提供するということです。SMSに関しても同じです。
また、該当の国では滞在国に電話する場合、毎分¢20の通話料金で通話も利用できます。(携帯同士の通話も含む)

その国のリストは次の通りです。

Screen-Shot-2013-10-09-at-6.44.57-PM

該当の国には日本も含まれています。 該当の国のリストは今後更新される可能性があるので、詳しい情報は、T-Mobile USAのこちらを見てください。

この”Simple Global”が適用されるのは、T-MobileのSimple Choiceプラン契約者のみで、プリペイド契約者、MVNO契約者には恩恵がありません。

ちなみに、米国外で契約している携帯をアメリカに来たときにT-Mobileに繋がるように設定しても通信料金が無料になるわけではありませんのでご注意ください。

 

Simple Global料金の詳細

対応する滞在国同士 滞在国以外の国へ/国から
SMSの受信 無料 無料
SMSの送信 無料 一通 US$0.20(Wi-Fiを使って米国へのSMSは無料。また対応する国なら無料)
電話の着信
無料 無料
電話の発信 一分あたりUS$0.20(携帯同士含) 一分あたりUS$0.20(Wi-Fi Callingなら米国への通話は無料)
データ通信 通信容量無制限で無料(2G速度相当)    /
有料(3G速度相当) $15=1日定額 もしくは$15で100MB。 一週間$25で200MBパッケージ。 $50で2週間有効の500MBパッケージ。
テザリング 禁止
※滞在国同士=米国外かつ指定された国からその国の中へ(トルコからトルコへ など)
※滞在国以外の国へ/国から=米国外かつ滞在している対象となる国の外から発信された物(中国に滞在している状態で、アメリカから発信された物など)
※このプランが提供される国と、そうでない国があります。
下記のユーザーにはSimple Globalプランは適用されません。
・審査無しで購入したSimple Choiceユーザー
・プリペイド
・FlexPay
・古いプランを契約している人
下記のユーザーには国際データローミング機能は提供されません。
・プリペイド
Simple Globalに含まれない国や地域での国際データローミング機能を使用するには、携帯電話から#RON#に発信をし、機能を有効にする必要があります。
また、#ROF#をダイヤルして発信する事で、国際データローミングを無効にすることができます。
携帯端末の、データローミングを有効にする設定がオフになっているのであれば、オンにしないとデータローミングは使用できません。
また、Simple Global対象地域に到着した際、無料でデータ通信が行える旨が記載されたSMSがT-Mobileより送られてきます。この受信は無料です。これにより、対象の国や地域であるかどうかが解ります。

T-Mobile nationwide coverage is going global at no extra charge.

無料で使えるデータ通信は2G速度相当ということなので、通信速度がかなり遅いと考えて良いでしょう。しかしながら、メールや各種SNSなどを利用する事は出来ると思います。(画像や動画などのサービスは使えないか、使いづらいと思います)
2G速度とはいえ、3Gが提供されている国・エリアでは3Gに繋がるので場合によっては少し速い事もあるかも知れません。これはそのエリアの通信状況によって大きく異なります。

個人的には非常に嬉しいニュースです。海外に到着したらSIMを探しに歩くことも少なくなりそうです。

 

 

もう少し細かくまとめたページを作りました。
こちらよりご覧いただけます。

 

 

色々見ながら書いていたので、間違っているかも知れません。
間違いを見つけ次第修正していきます。
また、上記の記載は予告なく変更される恐れがあります。ご利用の前にご確認ください。

 

 

ソース
http://www.tmonews.com/2013/10/t-mobile-is-bringing-the-world-a-little-closer-together-with-simple-global/

http://www.t-mobile.com/simple-choice-international-plans.html

http://www.t-mobile.com/International/RoamingOverview.aspx?tp=Inl_Tab_RoamWorldwide

http://www.t-mobile.com/optional-services/international-service.html#TA

T-Mobile USAはプリペイドでも国際ローミングに対応していた。

もちろん、プリペイド残高が無いと使えません。

Screenshot_2013-05-27-13-04-47

先日、日本に戻った時、T-Mobile USAのプリペイドSIMを挿入したNexus 4を持って行きました。
ちなみにdocomo回線はGALAXY NexusにSIMをいれて使用していました。

さて、このT-MobileプリペイドSIMがどんな挙動をするのか楽しみにしていましたが、国際ローミングで日本のSoftBankの電波を掴むことができました。

Screenshot_2013-05-25-17-09-00

日本で初めて電波を掴んだときにT-Mobileから送られてきたSMSがこちら。
国際電話の使い方の他に、データ通信は高額だから気をつけてね!というアナウンスがありました。
気になるデータレートですが、1MBあたりUSD15(1500円くらい)と、非常に高額です。
しかしここはプリペイドです。プリペイドに残高が無ければ利用できないので、高額請求が来る心配はありません。安心ですね。

ちなみに通話は1分あたりUSD2.69(270円くらい)

使う分だけチャージしている使い方なら特に心配することは無いでしょう。
データローミングOFFにしていれば、勝手に通信することも無いので。通話は米国の番号がそのまま利用できました。

 

image

T-MobileのWebサイトから国際ローミングに関しての記述を確認すると、日本での事業者欄にSoftBankしか表示されませんが、docomoに接続することは出来ました。
しかし、すぐSoftBankに戻ってしまうという現象があったのでSoftBank優先となっている?のかもしれません。

ちなみに、docomoユーザーはアメリカに行ったときT-Mobileの電波も利用できます。

[LINK] T-Mobile International Roaming

※為替レートはUS$1=100円くらいで計算している簡易的なものです。

 

 

■追記■(2013/10/22)

少し前にT-Mobile USは日本国内でのNTT docomoへの接続を開始しました。
それとプリペイドではデータローミングは使えないという公式の表記を見つけました。
そのためプリペイドだと国際データローミングは行えないことになります。